カジノ場で守るべきルールと禁止事項

カジノ場で守るべきルールと禁止事項

オンラインカジノでゲームを学べば当然本場のカジノで誰だってプレイしたくなることでしょう。

今は世界中どこにだって気軽に行くことが出来ますし、リゾートカジノは世界中に存在している。

しかし、カジノ場に入っても参加せずに記念に来ただけとか、ただ遠目から眺めている人が非常に多いです。

外国だからちょっと気が引けているのかもしれませんが、やはり一番はルールが分からないからでしょう。言葉は分からなくてもルールは世界共通ですので言葉が分からなくても参加できます。

ルールが分からないとどうしても参加しづらいですよね。

オンラインカジノでルールを理解したらカジノ場に足を運んでみてください。

ここではカジノ場に行く前に把握しておいて欲しい禁止行為や事前に用意、確認しておくべきことなどを紹介していきます。

カジノ場での禁止行為について

まず最初にカジノ場での禁止行為について紹介していきます。必ず事前に確認しておきましょう。

写真撮影の禁止


リゾートカジノにきたらせっかくの記念にと写真に撮りたくなる気持ちになりますが、カジノ場内での写真撮影は一切禁止となっています。

というのはプレイヤーのプライバシーの保護やセキュリティの面からの両方で禁止とされています。

写真に撮ってSNSなどでアップしたくなる気持ちも分かりますが、写真を撮ったらすぐにスタッフなどから注意を受けます。

それでも止めなかった場合は強制退場の危険性もありますので注意しましょう。

カジノ場によっては店内に入る前から禁止のところもあります。

台を掛け持ちする独占行為

日本のパチンコやスロット店でも台の掛け持ちは禁止されていますよね。

カジノ場でも同様に掛け持ちは禁止されていて一人1台となっています。色々な機種があるので目移りしてしまうかもしれませんが、台を占領してしまうとトラブルの原因になってしまいます。

掛け持ちをしてしまう人が全面的に悪いのでそういったことはせずに一台で遊ぶようにしましょう。

子供を連れての入場は禁止

カジノ場では店舗ごとに定められた年齢に達していない人は入場することは出来ません。

たとえ乳幼児で常に親が抱きかかえている状態であったとしても入場をすることは認められません。

日本のパチンコやスロットであっても入場することが出来ないのと同じです。

ただし、カジノ場の中にはキッズスペースが隣接されているところもあります。

もちろんどちらか一方の親が常にいないといけませんが、キッズスペースがあるので、交代で面倒をカジノを楽しむことも出来ます。

例えば初日は自分が子供の面倒を見て、2日目は奥さんに面倒を見てもらうということも出来ます。

旅行は大人が楽しんでしまいがちですが、カジノに併設されているキッズスペースは子供も思う存分楽しむことができます。

チップの交換において直接渡す行為

チップをディーラーに直接渡したりする行為だったり、ディーラーが『 No More Bet 』と言ったのにも関わらず、自分のチップを触ったりするのは禁止です。

さらに勝負に勝った直後もディーラーが上乗せした分を渡すまでは触っていはいけません。

また追加でチップをその場で変えようとするときもディーラーにお金を渡さずにテーブルの上に置いた状態で交換してもらわなければいけません。

これはトラブルを防ぐための対応でしているのでテーブルの上でチップのやり取りをするようにしましょう。

過度に騒いだり、他のお客への迷惑行為

カジノ場は海外にあります。海外旅行ということで浮き足立ってしまいますし、気持ちは高ぶっていることでしょう。

ましてやカジノ場内ではお酒は飲み放題でいくらでも飲んでも問題ありません。

真剣にギャンブルを楽しむ分であれば、景気付けに一杯までにしておいて後は飲まないのが鉄則ですが、ただ皆でワイワイ楽しみたいと言うだけであれば、大いに飲んでもいいと思います。

しかし、あまりにも大声を上げたり、テンションを高くして騒ぐのは禁止です。

ましてや他のプレイヤーの方々に絡んだりするのは絶対にいけません。ディーラーやスタッフなどから注意を受けても止めなかった場合は営業妨害とみなされて最悪逮捕されてしまうかもしれませんので気をつけましょう。

せっかくの旅行が台無しになってしまう可能性もありますので適度に楽しみましょう。

カジノ場に行く前に確認しておきたいこと

カジノ場に行く前に事前に確認しておきたいことや用意しておくものを紹介します。

年齢証明が出来るものと年齢制限


カジノ場では年齢制限が設けられています。またその年齢制限も国や領・州によっても変わってきますので行くカジノ場で確認をしておかなければいけません。

基本的には25歳以上であればどこも入れるかと思います。国によっては18歳から入れるところもあれば25歳以上で無いと入ることが出来なかったりとしますので必ず行く前に確認をしておく必要があります。

18歳から入場可能 19歳から入場可能 21歳から入場可能 23歳から入場可能
イギリス
イタリア
フランス
オーストラリア
ドイツ
(※場所により25歳~と異なる)
韓国 アメリカ
マカオ
シンガポール
フィリピン(セブ島)
・男性は21歳以上
・女性が18歳以上
ベルギー(会員制)
ギリシャ

せっかく意気揚々とカジノ場に向かったのにもかかわらず、年齢が達していなくて入れませんでしたということにはならないようにしましょう。

ドレスコードの有無

カジノ場は紳士淑女の「大人の社交場」です。

ですので基本的にはドレスコードで入場することが求められているのですが、大分緩くなりました。

特にラスベガスにあるカジノ場の中にはTシャツとパンツの襟無しのカジュアルな格好でも入場することが出来る店舗もあります。

ただ基本的にはジェケットを一枚羽織るぐらい、出来るならばスーツで参加するのが一番です。

女性も高級レストランに入るぐらいの格好ぐらいが無難と言えるでしょう。

出きる事ならばせっかくカジノ場に来たわけですから思いっきり格好つけても良いと思います。形から入るようにしましょう。

男性はタキシードを着て、女性はドレスに身を包んでいったほうが良い思い出になると思います。

カジノは社交場であり、非日常的な空間であることには変わりありませんので、是非ともその非日常的な空間を楽しむようにしましょう。

喫煙スペースの有無

世界的に禁煙の流れになってきています。

日本では分煙化になっていますが、世界では公共の場での喫煙は禁止されているのです。バーなどの店内でも禁止されていたり、食べ物を提供しないシガーバーなどでしか吸えなくなっているところも多いです。

もしこのルールを破ってタバコを吸っていたりしたら厳しい処罰が与えられます。日本の罰の重さとは全然違うのです。

ではカジノでも全面禁煙なのかといったら実はそうでもなく分煙化となっています。

もともとカジノ場では強力な空気清浄機や換気扇が完備されていますので分煙できているのです。

国や州では禁煙でもカジノ場だけは特別区域として喫煙が許可されているのです。

というのもあまりにも厳しくしすぎてしまうと客足が遠のいてしまいますので許可されているのです。

ただし、全面禁煙のカジノもありますし、喫煙しても大丈夫と言っても結構離れたところに用意されているところもあるので喫煙家の方は事前の確認をしておきましょう。

まとめ

オンラインカジノを利用していたら誰もが一度は本場のカジノでゲームを楽しんでみたいなって思うはずです。

海外旅行に行く機会があったら今後はどんどんカジノに行く事も旅行計画の1つに組み込むことが出来ます。

カジノのルールを1人でも知っていたらみんなに教えることが出来ますし、皆で楽しむことが出来ます。

本当に楽しい思い出になると思いますので是非とも機会があれば行ってみましょう。

ただし、ルールと事前確認だけは忘れないようにしてください。

オンラインカジノ基本情報カテゴリの最新記事

Top