オンラインカジノでの禁止行為

オンラインカジノでの禁止行為


オンラインカジノを利用する上で禁止行為に当たることを説明します。

健全なサイトとして保つために公平でないとプレイヤーが納得しません。

そのためには容赦なくプレイヤーアカウントを停止してプレイできないようにするわけです。

とはいえ、まずオンラインカジノを普通にプレイしていた場合はアカウント停止とか禁止行為に該当することはありませんので安心してください。

禁止行為に該当するケースを紹介していきます。

クレジットカードの不正利用

当たり前のことですが、絶対にしてはいけないのがクレジットカードの不正利用です。

名義が違うのにも関わらず勝手に第三者のクレジットカードを入金は不正利用となります。

これはオンラインカジノがどうのこうの言う以前の問題のしてはいけない行為です。

家族のカードだからと言っても利用することは出来ません。

自分以外のカードで入金は絶対にしないようにしてください。

というよりも自分のカードを使いきって他人のカードにまで手をだすほどのめりこんではいけません。

こういったプレイヤーも少なからずいるようで、一回の場合では何かしらの手違いかもしれないので厳重注意の確認で、以後してはいけないということを通告します。

それでも続けるようであった場合はオンラインカジノ側は容赦なくアカウントを凍結の対応をします。

さらに、他のオンラインカジノでも今後アカウントは開けないようになります。

いわゆる、業界のブラックリストに載ってしまうのです。

本人以外のクレカの使用は絶対NGなので気をつけましょう。

理不尽なクレーム

オンラインカジノであるのが理不尽すぎるクレームをするプレイヤーがいます。

運営に対するクレーム

不正プログラムが入っているだろうとか、無理難題な入出金を申請したり、お金を返せ!というような返金要求をしてくるプレイヤーがいます。

まずオンラインカジノではライセンス制度を設けていますので不正プログラムなどは入っていません。

ライセンス制度について詳しく知りたい方はこちら

 

オンラインカジノはライセンス制度を設けている

 

厳重な審査が行われています。さらに言うとオンラインカジノ運営側はソフトを提供している側であり、ソフトを作っているわけであありません。それにも関わらず運営側にクレームを言うのは見当違いなわけです。

もちろんギャンブルですから勝てる負けるは出てきます。

ついつい熱が入りすぎてしまってカッとなってしまって、運営にあたってしまう気持ちというのも運営側は理解してくれます。

しかし、あまりにもしつこい対応をしたりした場合は利用停止となってしまうこともあります。

ディーラーに対する暴言

同じようにディーラーに対しての暴言やセクハラなどをチャット上でした場合は利用不可になってしまうことがあります。

ついつい負けつづけてしまったことでプレイヤーもカッとなって心にもないことを言ってしまうこともあるかもしれません。

オンラインカジノでは自宅でゆっくりとプレイできる分お酒を飲みながらプレイすることも出来ます。

お酒が入ってしまうとついつい強気になってしまって暴言を吐いてしまう人もいます。

カジノはもともと大人の社交場です。

相手に対して失礼なことをいうのは控えるようにしましょう。

複数アカウントでの利用

オンラインカジノでは初回入金に対してボーナスを受け取ることが出来ます。

そのためボーナス目的のために複数のアカウントでの利用をするプレイヤーがまれにいます。

複数のアカウントはどのオンラインカジノでも認められていません。

こういった不正行為がないようにするために、本人確認などが必要な部分でもあるわけです。

もし複数アカウントでボーナスを受け取っていた場合はボーナスで勝ちとった分の勝利金などは没収される可能性もあり、どちらのアカウントも停止になる恐れがあります。

1つのアカウントプレイするようにしましょう。

まとめ

基本的にオンラインカジノで禁止行為とされているものはオンラインカジノ以外でもしてはいけないことをしてしまった場合です。

してはいけないことをすれば当然処罰されてしまいますよね。

普通にプレイをしていれば全然問題はありませんので安心してください。

オンラインカジノはインターネット上でのサービスであり、顔と顔を合わせないためについつい自分を大きく見せてしまいがちで、クレームなどもひどい言葉を投げつけてしまいがちです。

しかし、そんなことをすれば自分に返ってきますので健全なプレイを心がけましょう。

オンラインカジノ基本情報カテゴリの最新記事

Top