オンラインカジノと税金について

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノを利用する上で1つ気にしなければいけない点として税金がかかるということです。

オンラインカジノを利用する以上は税金について詳しく知っておかないと後々知らなかったでは済まされなくなってしまいます。

健全にオンラインカジノを楽しんでもらうためにも税の計算方法・必要なもの・申請期間や場所について詳しく説明していきます。

なぜオンラインカジノだけ税金がかかるの?

そもそもなんで他のギャンブルでは税金がかからないのにオンラインカジノは税金がかかるの?って思う人も多いかもしれません。

それは勘違いであり実はオンラインカジノだけではなくて日本の法律ではギャンブルにも税金がかかるのです。

パチンコや競馬・競艇・競輪などなど税金は発生します。

しかし、ギャンブルで儲けたお金を税金で支払っていると言う人を聞いたことが無いと思いますし、ギャンブルにそもそも税金がかかるということを知らないという人のほうが多いと思います。

というのも現状日本のギャンブルは言ってしまえば見逃されている・大目に見てもらっているからです。

なぜならば競馬や競艇・競輪などの公営ギャンブルは当たればその場で現金で渡されますし、パチンコやスロットは換金所で換金して現金で貰っています。

つまり証拠として残りません。証拠がない以上は現金の流れが把握しきれないので税務署も把握できません。

1人1人に対して張り込むというのは実質不可能の為に現状は見逃されているのです。

実際に過去に競馬で万馬券を当てたお金を銀行に預けたことによって税金の支払いが命じられたというケースもあります。

よく宝くじなどに税金がかかるかからないといった話が上がりますが、

ではオンラインカジノの場合はどうでしょうか?

お金を入金するにも出金するにも銀行を経由して手続きが行われますよね。ここ最近ではビットコインなどで入出金もできるようになりましたが、それでも一度銀行から振り込んで取引所で購入してそこから振り込む形となります。

引き出す時もビットコインを送金して最終的に銀行に振り込まれるわけです。

お金の流れが把握できてしまう為に税金がかかってしまうわけです。オンラインカジノを利用する上で税金がかかるというのは仕方が無いのでそれを理解した上で利用することが大切です。

また税金の区分に関しては「一時所得」にあたります。

税金の区分:一時所得について

オンラインカジノでは税金を支払う必要があるのですが、この税金の区分は「一時所得」に含まれます。

この一時所得はパチンコや競馬などのギャンブル全般もとより、商店街の福引きの賞金などもこの「一時所得」に含まれますが、福引きの賞金も実質的に見逃されています。

この一時所得というのはあまり聞きなれないと思いますし、計算方法を間違えやすいので説明します。

一時所得の対象

一時所得について知っていると言う人はお分かりかと思いますが、税金を支払うとなるとトータルの収支で計算をすると思っているかもしれませんが一時所得は違うので注意してください。

一時所得でやっかいなのが損失が出た部分は損失として計上することが出来ません。

簡単に言うと利益が出た場合のみ対象となるということです。

分かりやすく表にして説明をしていきます。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 5万円 10万円 +5万円
2月 10万円 10万円 0万円
3月 15万円 50万円 +35万円
4月 20万円 10万円 -10万円
5月 30万円 15万円 -15万円
6月 10万円 20万円 +10万円
7月 20万円 30万円 +10万円
8月 20万円 10万円 -10万円
9月 10万円 80万円 +70万円
10月 10万円 10万円 0万円
11月 30万円 50万円 +20万円
12月 20万円 95万円 +75万円
合計 200万円 390万円 +190万円

普通に考えれば1年間の収支でいうと190万円の利益になるのでこの収支の差額で税金を納めると考えてしまいますが違います。

先ほども言ったように利益が出た場合のみ対象となるため正しい一時所得税金の計算方法は下記の表になります。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 5万円 10万円 +5万円
3月 15万円 50万円 +35万円
6月 10万円 20万円 +10万円
7月 20万円 30万円 +10万円
9月 10万円 80万円 +70万円
11月 30万円 50万円 +20万円
12月 20万円 95万円 +75万円
合計 110万円 335万円 +225万円

2月・4月・5月・8月・10月は損失・もしくはゼロのため対象にはなりません。1月・3月・6月・7月・9月・11月・12月分が計上されるので最終的には「+225万円」が対象となります。

今回の例で言うと差額は+30万円も違ったりするので気をつけるようにしましょう。

一時所得の計算方法

上の収支例をもとにオンラインカジノでの利益、225万円として一時取得の計算方式は以下になります。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

これを上記の金額に当てはめていきましょう。

【175万円】=【225万円】-【50万円】

175万円が一時所得の対象ですが、この金額を納めるというわけではありません。ここから所得金額の1/2に相当する金額を他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

【175万円】/ 2 = 87.5万円

課税対象はオンラインカジノで得たお金と働いて得たお金を足して2で割る計算ですが、今回は所得は無いものとして87.5万円として計算をしています。

国税庁の速算表が分かりやすいです。

『国税庁 No.1490 一時所得』

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

課税対象は87.5万円ですので5%が課税対象となります。納税額は4万3750円を納税することになります。

はっきり言って最初は分からないですし、混乱してしまい、面倒と感じることでしょう。

ただ、もし分からなければオンラインカジノの運営側に聞いてみてもいいでしょう。オンラインカジノ運営側ははっきり言って毎年行っているので慣れているので分からなければ素直に聞きながらやればいいと思います。

年に1回だけですので面倒かもしれませんが、常に月の収支というのは整理しておかないといくらオンラインカジノが勝ちやすいとはいえ冷静な判断が出来なくなってしまいます。

そういった意味でも税金がかかるための収支をつけることも大事ですが、毎月の収支計算を把握する上でも必ずしておきたいものでもあります。

プラスに考えるとデータ化することで冷静に分析できると思って行うようにしましょう。

確定申告を行う

一時取得の計算を行って50万円以上の収益を得た場合は確定申告を行わないといけません。

普通に企業勤めの方は確定申告をしたことがないという人が大半だと思いますので説明します。

確定申告の時期

確定申告を行うのはその年の1月から12月までの間に利益となったものが対象となります。

そしてその報告を翌年の2月16日から3月15日の1ヶ月間で税務署や出張所に行き確定申告を行う必要があります。

どうしても慣れないことをするとなると腰が重く遅れがちになってしまいますが、確定申告を行わなかった場合、罰として追加で支払わなければいけませんので面倒なことほど早く行ってしまったほうが良いです。

ただ確定申告開始時期の最初と最後の3日間はかなり混んでいるので避けたほうが良いです。また車はすぐに駐車場が満車となるためなるべく車ではいかずにタクシーやバスを使うと便利です。

比較的午前中よりも午後のほうが落ち着いているようですが、それでも並ぶところは並ぶので暇を潰せるような新聞や雑誌などを持っておいたほうが良いかもしれません。

確定申告に必要な書類

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

確定申告を行う上で用意しておかなければいけないのが上記の三点ですが、経費の領収書はオンラインカジノではほとんどかからないと言って良いでしょう。

必要なのはオンラインカジノ運営側から受け取る支払い調書です。自分で収支をつけたものをプリントアウトをしてもいいですが、オンラインカジノで受け取ったほうが正確な数値として出ます。

普通徴収にチェックもしくは事前に会社に伝えておく

普段企業に勤めている人は確定申告の2面に書かれている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある【普通徴収】にチェックを入れることを忘れないようにしましょう。

チェックを入れておかないと会社に届いてしまうためオンラインカジノで得た所得が含まれているため副業と勘違いされてしまいます。

副業が禁止の会社に疑われてしまいますので【普通徴収】チェックを入れておく、もしくは上司にオンラインカジノで得たお金だということを伝えておきましょう。

まとめ

オンラインカジノは他のギャンブルと違い記録が残るので税金をしっかりと支払う必要があります。

最初は慣れない面倒なことをするので気が重いかもしれませんが、この税金の支払いは必ずするので分からなければオンラインカジノの運営者に相談をしたり、計算方法を当サイトのものを参考に算出してみて下さい。

毎月の収支を算出することで冷静に勝敗を分析することが出来るのでデメリットばかりではありませんのでプラスに物事を考えて税金の計算を行っていきましょう。

オンラインカジノ基本情報カテゴリの最新記事