ブラックジャックのルールとゲームの流れ

ブラックジャックのルールとゲームの流れ

カジノゲームの中でも一番勝ちやすく、最も稼ぎやすいと言われているのがブラックジャックです。

そして日本で最も人気のトランプカードの1つと言えるでしょう。

オンラインカジノのライブカジノでプレイしたい人は必ず覚えておきましょう。

ブラックジャックのルールや用語について説明していきます。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールは最初に2枚の手札からスタートしていき合計の数字を「21」に近づけることが出来るかの勝負で「21」を超えたらプレイヤーの負けとなります。

ブラックジャックのカードの数え方は2から10に関してはそのままの数え方で、「J」「Q」「K」の絵柄カードはすべて「10」となります。

「A」に関しては「1」「11」のどちらか好きなほうを自分で選ぶことが出来ます。

ジョーカーは使用されません。

基本の用語

・BET(ベット)
チップを賭ける。

・DEAL(ディール)
ディーラーがカードを配る。

・HIT(ヒット)
もう1枚カードを引く。21を超えるまでなら何度も引くことが可能。

・STAND(スタンド)
追加でカードを引かず勝負する。

・SPRIT(スプリット)
同じ数のカードが2枚配られた場合は、それぞれの手に賭けることがができる。これを行うには最初に賭けた金額と同額を追加しなければならない。

・DOUBLE DOWN(ダブルダウン)
次のカードを引いて勝ちを確信したときに元々の掛け金を倍にしてカードを引くことが出来る。ただし追加できるカードは1枚限り。

・BUST(バースト、バスト)
数字の「21」を超えたことを表す。

・INSURANCE(インシュランス)
ディーラーのアップ(表向き)カードが『A』の場合、【A+10(または絵札)】の組み合わせになるとブラックジャックになる確率が高い。そのため、インシュランスはベット金額の半額を追加でベットし、ディーラーがブラックジャックだった場合にはベットした額の2倍の配当が貰える。

・PUSH(プッシュ)
プレイヤーとディーラーの手札(ハンド)が同じで引き分けのこと

・SURRENDER(サレンダー)
勝ち目がないと判断した場合の負けを宣言する。ベットの半分は没収されますが、残りの半分はプレイヤーへと戻る。

・BLACK JACK(ブラックジャック)
「A」+「10・J・Q・K」のいずれかのカードの組み合わせのことを指し、プレイヤーがブラックジャックの場合はベットが2.5倍になり、ディーラーがブラックジャックの場合は全額没収される。

ゲームの進め方

最初にチップを賭ける、テーブル、もしくは部屋には最低額の設定が用意されていますので設定金額以上のチップを置いてスタートします。

ディーラーからプレイヤーへ最初に2枚配られ、ディーラーは2枚のうち1枚が裏向きになっています。

ディーラーの合計の数字を表向きの1枚から予想して合計値を決めます。

またディーラーは「17」を超えるまでカードを引かなくてはいけないというルールがあります。

カードの合計値が決まったら勝負です。

どちらが「21」に近づけられるを勝負し、勝てばお金が貰えて、負ければ賭けた分はすべて没収されます。

ブラックジャックをプレイする上でのコツ

ブラックジャックをプレイする上での勝つための考え方として、ブラックジャックは大きな数字が出やすいということです。

ブラックジャックでは10、J、Q、Kの4種類すべて「10」とカウントされます。

これは10が出る確率はカードの約3分の1ということです。

手元の数字が11以下までは何が来てもバーストすることはないということとディーラーは「17」以上になるまでカードを引かなくてはいけないというルールがあります。

このことを頭に入れて計算して勝負をしましょう。

まとめ

ブラックジャックは日本で最も人気の高いカジノゲームではないでしょうか?

基本的には「21」を超えないように近づけるというルールさえわかっていればプレイできるのも今までプレイしたことがない人でも始めやすいと思います。

カジノゲームの入り口ともいえるブラックジャックをぜひともプレイしてみましょう。

カジノゲームカテゴリの最新記事

Top