テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

カジノで最もエキサイティングであり、プレイヤー同士の戦いが熱いのがテキサスホールデムポーカーです。

世界大会なども行われているテキサスホールデムポーカーは日本で知られているドローポーカーとはルールが違います。

オンラインカジノのライブカジノでプレイできますし、トーナメントも開催され賞金も出ます。

テキサスホールデムポーカーの役(手札)やルール・用語を覚えてぜひともプレイしましょう。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムは「2~10人」までのプレイヤーと勝負をします。

使用カードはジョーカーを除いた52枚のカードです。

最初にプレイヤーに全て裏向きに配られた2枚のカードが渡され場に5枚の共有札が置かれます。

合計7枚を組み合わせて5枚で最強の役(ハンド)を作り、誰が一番強い役なのかを競うゲームです。

自分の手が悪くてもブラフ(嘘)を強い手があったり、逆に悪いように見せて相手の勝気を煽ってお金を積み上げたりとゲームの役以上にお互いの役(ハンド)を読み合う駆け引きをしていくのがテキサスホールデムポーカーの面白いところでもあります。

基本の用語

・「ベット」・・・チップを賭けること。チップ額も声を出して、他のプレイヤーに伝える。

・「コール」・・・その場に賭けられている金額に合わせて同額のチップをベットする。

・「チェック」・・・賭け金を賭けずそのまま次のプレイヤーに回すこと

・「フォールド」・・・ゲームを降りること。この時点で負けが確定となり、それまでの賭け金は失われる。

・「レイズ」・・・場に賭けられている額にさらにチップを上乗せすること。チップ額も同時に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

・「リレイズ」・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップ額も同時に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

・「オールイン」・・・手元にある全てのチップを賭けること。

・「ミニマムベット」・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額

・「ミニマムレイズ」・・・レイズする際の最低額

スムーズにゲームが進行できるように用語は覚えておいたほうがいでしょう。

ポーカーの役(ハンド)

ポーカーの役(ハンド)は全部で9種類で揃える難しさによってハンドの強さが変わります。

・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強ハンド【ロイヤルフラッシュ】

・同じ数字を4枚揃える【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】

・同じマークで連続した数字の5枚の【ストレートフラッシュ】

・同じマークを5枚揃える【フラッシュ】

・連続した5枚の数字で作る役【ストレート】

・同じ数字3枚とペアの組み合わせ【フルハウス】

・3枚が同じ数字を揃える【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】

・同じ数字のペアが2つある組み合わせ【ツーペア】

・同じ数字のペアが1つ【ワンペア】

・何も役が出来ていない状態を【ハイカード(日本ではブタ)】

役(ハンド)を覚えるのは最初は大変かもしれませんが、プレイしていきつつ覚えていきましょう。

ゲームの進め方

テキサスホールデムポーカーは、「プリフロップ」「フロップ」「ターン」「リバー」の4ラウンドに別れてゲームが進行していきます。

 

・第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

手元に2枚のカードが配られた最初の状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といいます。手元にある2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択を行います。

 

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

次にディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。これは一番上のカードが万が一プレイヤーに見られても不正防止を防ぐために最初に行います。山札の一番上のカードを1枚捨てた後、場札に5枚のカードのうち3枚のカードが表向きに並べられます。この状態を、第2ラウンドの「フロップ」といい、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択ができます。

 

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた4枚のカードの状態を「ターン」と言います。チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

 

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンド「リバー」で、場の5枚すべてのカードが表向きに並べられており、手元のカードと合わせて合計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作り上げます。この時、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択ができます

 

ラウンド終了後、ゲームを降りずに残ったプレイヤーたちで手札を公開し、その中で一番強いハンドを作った人が勝利で、すべての掛け金を受け取ることが出来ます。

これを何回かに分けて行います。

テキサスホールデムポーカーをプレイする上でのコツ

ポーカーは運が3割実力が7割のゲームと言われています。

つまり勝負をする以上、トランプの役の強さだけではなくて、心理ゲームでもあるいうことが分かります。

ホールカードは伏せられており、相手には全くわからない状態ですからブラフ(嘘)を駆使する必要があります。

ブラフの強さがポーカーの強さとも言われます。

ポーカーフェイスの語源と言われているポーカーは強さを読み取らせない、逆にあえて読み取らせるというか木曳がとても重要になってきます。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは日本のドローポーカーと違う部分があります。

プレイヤー対戦型のテキサスホールデムポーカーでは心理戦がポイントです。

今までポーカーを利用したことがないという人は最初にルールや役を覚えなくてはいけませんので面倒と感じるかもしれませんが、プレイをしていく徐々に分かっていくと思います。

まずはどんどんプレイをすることがルールや役を覚える近道です。

是非ともプレイヤー同士の熱くて静かな心理戦を楽しみましょう。

カジノゲームカテゴリの最新記事

Top